高みを目指して

6人の音階に酔いしれる日々を。

もしもSixTONESが乙女ゲーム化したら

こんにちは。

突然ですが、この間乙女ゲームヲタクのお友達から乙女ゲームについていろいろ聞かされまして、Youtubeで映像を見たりなんなりしていたら「爆モテDK集団の乙女ゲーム絶対売れる…!」と、お約束の想像力が働いてしまいました。Twitterに書くには字数があまりにも足りないので、ここに書いていこうと思います。

 

ついでに、私は乙女ゲーム未経験者。あんスタも要素はありますが、乙女ゲームの類に入るのかは微妙なところなので…。女の子と恋するゲームならいろいろやったことはあります。(乃木恋など)

 

しばらくお付き合いください*(^o^)/*

 

 

SixTONES乙女ゲーム化したら 

 

主人公の設定としては、昔住んでいた街に5,6年ぶりに戻ってきた転校生。転校先の学校で出会った6人の男子との胸キュン学園ライフが始まる…!

年齢設定としては高校二年生だと思っていてください。(設定考えてたら自然とそうなった)

 

 

ジェシー

アメリカからの帰国子女。誰とでも仲良くなることができる性格で、クラスの中心人物。その性格と高い身長、ハーフ顔のルックスで女子からも人気が高い。転校してきた主人公にも率先して話しかけてくれたり、話の中に入れたりしてくれる。恋愛に対しても一直線で、主人公に猛アタックしてくる。主人公と同じくらい親友の優吾が大好き。
主人公が優吾目当ての場合はめちゃくちゃ応援してくれるが、それ以外のメンバー目当てだと「頑張れよ!」しか言ってくれない。

 

 

北斗

一匹狼タイプで、クラス行事などにあまり率先して参加しないので、少し浮き気味。いつも図書室の片隅で本を読んでいる。最初は近づきがたい存在だったが、学校近くの公園で捨て犬の面倒を見ている姿を目撃、野良犬だとやはり怖いのか少しビクビクしている北斗くんの新たな一面も発見。そこから2人で世話をする様になる。
デートイベントになると、美術館や人形浄瑠璃を一緒に観に行き、普段はなかなか喋らないにも関わらず、めちゃくちゃ語られる。一つのセリフだけで3〜5ページくらいが埋まる。(スキップ推奨)
尚、他の男子との絆が深く、その人に惹かれていたら(又は恋していたら)、北斗が「気持ち切らすなって!好きなんだろ!?」と背中を押してくれる。

 

 

大我

乙女ゲームに絶対1人はいる可愛い系男子。最初は王子様キャラだが、仲を深めるにつれて、どんどん内側に秘めていた小悪魔な部分が出てくるというかなりの演技派。演劇部に所属しており、ミュージカル劇を見た主人公は彼の綺麗な歌声とイジワルながらもたまに見せる優しさに惹かれる。
主人公が他の男子に惹かれていたら、ちょくちょく相談に乗ってくれたりと良いお友達になってくれるが、樹目当ての場合は凄いタイミングで間に割って入ってきたりする。「樹の膝は渡さないから!」と謎のライバル宣言をされる。小悪魔なので、たまに同級生の目を盗んでは安井先輩の元にも行ったりしてる。

 

 

チャらく見えて実は真面目で優しい性格という少女漫画の王道男子キャラ。バスケ部のエースで同じ学校の女子だけでなく、他校にもファンがいる程の人気。傘を忘れた主人公と相合傘をして帰ったり、体調の悪い時にお姫様抱っこをして保健室に運んでくれたりと、キュンキュンした展開が待っている!
はずなのだが、実は樹との恋愛は6人の中で一番難しい。何故なら大我がいるから。樹目当てにすると主人公vs大我というバトルゲームと化する。そして樹自身も大我にとても甘い。しかも大我との戦いを終えてやっと告白できると思ったら最後の最後に「俺、岩橋しか目に入ってないんだよね」と言われる事がある。絆をとても深めないと攻略できない難キャラである。

 

 

優吾

クラスのムードメーカー。彼の笑顔に癒されたい年上ファンが多い。上級生がたまに廊下から覗いてたりする。少しポケ〜っとしているところがあり、クラスのみんなからは「おじいちゃん」と慕われている。普段はふわふわしている彼だが、嬉しいことがあった時などは突然キャラが変貌し、破天荒というか、ハイテンションになったりする。そんなギャップに対して「可愛い…!」となった主人公は彼に惹かれる。
ジェシーからたまに出る訳のわからない言葉を通訳してくれる、ゲームにとって欠かせないキャラになる。

 

 

慎太郎

唯一の後輩設定。小さい頃に主人公がこの町に住んでいた時からの幼馴染で、久しぶりに再会する。天使の様だった容姿が、突然たくましい男性になっているのを見て主人公は心惹かれる。
昔は「○○ちゃん」と呼んでくれていたのが今は「○○先輩」になり、主人公は少し寂しさを感じていたが、たまに見せる無邪気な笑顔が昔と全く変わらない。
中学時代から岩本先輩の元で筋トレを積んでいるが、実は岩橋先輩の可愛いキャラに憧れを抱いたりしていて、若干キャラが迷走中。

 

 

隠れキャラ


6人全てを攻略した後に現れる。慎太郎の幼馴染である主人公に目をつけ、「イワザップに入らないか!」と誘われるところから物語が始まる。照に振り向いてもらう為に必死に筋トレを重ねる主人公。
結果、ムキムキになる。
イワザップ卒業の証をいただいて、このゲームは全クリとなる。
主人公「なんか違う

 

 

 

なんだか最後に岩本さんを登場させてしまったー!メインキャラ全攻略後のシークレットキャラはお約束だと聞いたことがあったので、入れちゃいました!でも恋ではない!!!

 

 

想像してみると、彼らは他の乙女ゲームよりも難易度高めでした。二次元ってなんて易しいんだろう…!

 

 

ずっと前からジャニーズで乙女ゲーム作らないの本当にもったいないと感じていたので、作ろう…!どなたかゲーム会社勤務の方はいらっしゃいませんか!?

SixTONESの爆モテDKドラマでも良いのでキュンキュンする作品欲しい…。

 

 

 

*そしてお知らせ*

この度ずっと気になっていたaskを始めました〜!Twitterで繋がっている方も、そうでない方も、沢山質問してくれたら嬉しいです。

コチラ⇩

http://ask.fm/hkhk_20